草むしり業者が行なう作業法~庭木の伐採や剪定は安全性が肝心~

つる草を放置することで起こるトラブル~草むしり業者に相談しよう~

つる草の駆除方法と予防

つる草を確実に駆除するには?

つる草は根元に栄養を蓄えるという特徴があるため、地上に生えている草だけを抜いても意味がありません。つる草を確実に取り除くには、除草剤を使用して枯らす方法をオススメします。除草剤の中でもグリホサート系と呼ばれるタイプは、根元までしっかり枯らすことができるので効果絶大です。グリホサート系の除草剤は土にかけると分解されてしまうため、使用するときは葉っぱや茎にかけるようにしましょう。

つる草の予防方法

つる草が生えないように予防するには、ツルが伸びたら根付けさせないこと、種を発芽させないことが大事です。ツルを根付けさせないためには、防草シートを張るといいでしょう。防草シートを張ると地面が露出しないので、つる草が根付くのを阻止できます。また、耐候性の高い防草シートだと太陽の光を遮断してくれる効果もあり、つる草の成長を予防することができるのです。

業者が行なう安全な木の伐採方法

作業員

庭木の伐採などを専門に扱っている草むしり業者に依頼すると、安全に作業を行なってくれます。草むしり業者では、具体的にどのような方法で庭木の伐採をしてくれるのでしょうか。

安全な木の伐採の流れ

木を切り倒す方向を決める

庭木の伐採を行なうときは、まず木を切り倒す方向を決めます。周囲の安全を確認しながら、木を切り倒しても問題ないほどの十分なスペースが確保されているかしっかり判断した上で木を伐採することが大事なのです。ゴミ集積場に出せるように細かくカットしてから伐採すると処分が楽になるので便利です。

周囲の立ち入りを制限する

伐採する方向が決まったら、実際に木を切り倒す作業に入ります。安全に作業できるようにオペレーターや交通整備員などの協力も得て、周りに誰も立ち入れないようにします。切り倒す方向に沿って切れ込みを入れ、斜めに木をカットしていきます。真ん中のつるという部分は残しておき、反対側からまた同じように切れ込みを入れて伐採作業を進めていきます。

伐採した木を材木置き場に運ぶ

無事に木の伐採が完了したら、カットした木は林木置き場に運びます。林木置き場に置いておくと、資源として再利用することができるので環境にも優しいです。そのため、伐採した木はそのまま廃棄せず、丸太にして林木置き場に置いたほうがいいのです。

TOPボタン